合宿免許のメリットとデメリット

自動車の運転免許をとる方法は、免許センターで直接試験を受けるか公認の自動車教習所で教習と試験を受けてとるかの2種類があります。免許センターでの直接試験は難易度が高いためほとんどの人は、自動車教習所を利用することになります。

一方で自動車教習所に通う場合には、予約などの都合により最短で2ヶ月程度の時間が掛かります。このため短期間で取得する方法として合宿免許があります。
合宿免許は自動車教習所が開いているもので、通うのではなく寮や宿泊施設に泊まり、1日の多くの時間を講習と実習にあてるというものです。


このため普通自動車の免許であれば合宿免許であれば最短14日での卒業が可能です。

また普通自動車のほかにも大型自動車や自動二輪などの各種免許に対応しているところもあります。



合宿免許のメリットとしては、短期間で免許取得が出来るということで、また集中して行うので時間の無駄がないという点です。

また合宿免許では、一定の期間を区切って募集を行っているため、教習生が少なくなる時期では料金の割引を行っているところもあり、通常の教習所に通って取得するよりも割安な値段で利用することができます。



一方でデメリットとしては、補習などが発生した場合には追加料金を支払わなければならないという点です。



また宿泊施設も教習所によって異なるため注意が必要ですし、遠方の教習所を利用した場合には合宿中に自宅に戻るのが困難といったケースがあります。