合宿免許の費用の内訳とは

合宿免許の費用は、運転免許を取得したい車種や自動車学校そのものによっても違うのはもちろんですが、おしなべてみると、安いところでも20万円台から、30万円、40万円といった金額となります。

このような合宿免許の費用の内訳ですが、まずは自宅から通学する場合と同様に、学科教習や技能教習の教習代といったものがあります。


これには教官の人件費、教習車を維持管理する必要などが含まれていると考えればよいでしょう。
ほかには教習で使うテキスト代や、仮免許試験などの各種の試験の受験料などもあります。



また、合宿免許というのは、ホテルや寄宿舎などの施設に泊まりこみをして、そこで学科教習や技能教習を受けるというスタイルですので、合宿免許に特徴的な費用というものも、もちろんあって、ホテルなどの宿泊費、朝から晩までの食事代といったものがそれにあたります。



同じ車種を同じ自動車学校で受講するという場合でも、しばしば季節によって費用が値上がり、または値下がりすることがあるのですが、その原因は、この宿泊費に関連している場合が多いといえます。



観光地のホテルなどは典型的ですが、ホテルとして客が少ないシーズンは宿泊費もより安くなり、客が多いシーズンは客室の取り合いになりますので、宿泊費がより高くなるというのは一般的なことです。夏休みのように需要の多いシーズンは、宿泊費の高騰によって、合宿免許の費用そのものも高くなってしまう場合があるのです。